むち打ち 通院

交通事故だけじゃない!私がむち打ち症になった経験談

今回はむち打ち症に関して私の経験談をお話しします。

 

 

 

以前、スキーに行ったときに、一緒に滑っていた友人が
スノーボーダーの方と接触して転倒してしまいました。

 

 

そのときは大丈夫だと思ったので、
連絡先なども聞かなかったのですが、
帰り道から段々首のあたりが痛みだしました。

 

 

一緒に行った友人が、むちうちじゃないかと心配し始めました。
友人の同僚はやはりスノーボードで転倒し、
病院でむち打ち症と診断され、
もう何週間も通院しているのになかなかよくならないそうなんです。

 

 

 

スノーボードによる事故は医療保険の対象外らしく、
長引く通院はお財布にも痛いし、
大好きなスノーボードにも行けないどころか、
日常生活も痛みのせいで支障が出てきているとのこと。

 

 

 

その話を聞いて怖くなったので、
早速翌日病院に行くことにしました。
近所では腕がよいと評判の整形外科です。

 

 

診察の結果、軽度のむち打ち症と診断され、数回の通院の他、
後遺症を残さないために鍼灸治療を併用することを勧められました。

 

 

 

初期に完治させることが肝要で、
むち打ち症の針治療は健康保険の対象にもなるそうなんです。

 

これからしばらくがんばって集中して通院して、
早く完治させようと思っているようです。

 

 

 

 

今までむち打ち症は交通事故だけのものかと思っていましたが、
スキーの万が一の衝突事故の際には連絡先を交換すること、
少しの痛みでもすぐに病院で診察してもらうことをお勧めします。

 

保険会社が教えてくれない「 あなた 」が損する理由

保険会社が被害者に隠し続けている真実をお伝えします。



保険会社の言うとおりにしていたら、
最低の金額しか受け取れない
って知っていましたか?


交通事故、示談、慰謝料。
人生においてそう何度も経験することではありません。

しかし、「プロが言うんだから…」と言って
保険会社の言いなりになっていたら確実に損をするのはあなたです。


被害者に何も教えない保険の世界が存在し、
保険会社はその情報をひた隠しにしているのです。


>>詳しくはこちら







スポンサードリンク

関連ページ

頚椎捻挫=むち打ちの正式名称
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。
軽度なものから重度な症状まで
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。
頭痛は後からやってくる!?
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。
後になって痛みがやってくる後遺障害の怖さ
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。
むち打ちの治療期間はどれくらいかかる?
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。
完治したと思っても安心はできないかも
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。