むち打ち 症状

むち打ち症の症状には、さまざまな内容があります。

 

比較的軽度なものは、数週間で完治するものから、
将来的に完治することが見込まれない障害として残るものもあります。

 

一般的には自覚症状を元に診断され、
手や上半身のしびれやだるさ、
首から肩にかけての痛みや違和感などが挙げられます。

 

 

 

むち打ち症としてのカテゴリーに入る症状は、
骨折や脱臼などの身体的な損傷がなく、
加えて脳へのダメージが確認できない状態です。

 

 

脳へのダメージとは具体的には、
明らかな知覚障害を指します。

 

 

つまり、手足に感覚がなくなったり、
目が見えにくくなったりといった症状です。

 

 

これらの判断は医師の診断を受ける必要があります。

 

 

自分で安易に判断せず、
必ず医師の診断を受けましょう。

 

 

 

保険会社が教えてくれない「 あなた 」が損する理由

保険会社が被害者に隠し続けている真実をお伝えします。



保険会社の言うとおりにしていたら、
最低の金額しか受け取れない
って知っていましたか?


交通事故、示談、慰謝料。
人生においてそう何度も経験することではありません。

しかし、「プロが言うんだから…」と言って
保険会社の言いなりになっていたら確実に損をするのはあなたです。


被害者に何も教えない保険の世界が存在し、
保険会社はその情報をひた隠しにしているのです。


>>詳しくはこちら







スポンサードリンク

関連ページ

頚椎捻挫=むち打ちの正式名称
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。
頭痛は後からやってくる!?
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。
後になって痛みがやってくる後遺障害の怖さ
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。
むち打ちの治療期間はどれくらいかかる?
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。
【体験談】私がむち打ち症で長く通院していた話
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。
完治したと思っても安心はできないかも
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。