むち打ち 頚椎捻挫

頚椎捻挫=むち打ち症の正式名称

「車を運転していて“おかま”掘られちゃったよ!」
などという会話を耳にすることがあるのではないでしょうか。

 

 

“おかまを掘られる”とはつまり、

追突されることを意味します。

 

 

後続車両の運転手の不注意や、
十分な車間距離を取っていなかったことから起こる追突事故は、
自動車事故の中で比較的頻繁に起こる事故内容と言えるでしょう。

 

 

この追突事故は、
後続車の速度が比較的遅い場合でも、
思いも寄らぬダメージを招く可能性があります。

 

その中で最も一般的なのは、「むち打ち症」なのです。

 

 

むち打ち症とは正式に「頸椎捻挫(けいついねんざ)」と呼ばれ、
首を支えている筋肉や靭帯を損傷することを指します。

 

 

損傷の具合によってさまざま症状が現れ、
重度になると完治不能な重い障害を残すこともあります。

 

 

事故当初は何も痛みがなかったという場合もありますが、
数日後に徐々に違和感が出てきて痛みも伴う場合もあります。

 

検査して異常がないかを病院にいって診断してもらうことが大事です。

 

 

保険会社が教えてくれない「 あなた 」が損する理由

保険会社が被害者に隠し続けている真実をお伝えします。



保険会社の言うとおりにしていたら、
最低の金額しか受け取れない
って知っていましたか?


交通事故、示談、慰謝料。
人生においてそう何度も経験することではありません。

しかし、「プロが言うんだから…」と言って
保険会社の言いなりになっていたら確実に損をするのはあなたです。


被害者に何も教えない保険の世界が存在し、
保険会社はその情報をひた隠しにしているのです。


>>詳しくはこちら







スポンサードリンク

関連ページ

軽度なものから重度な症状まで
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。
頭痛は後からやってくる!?
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。
後になって痛みがやってくる後遺障害の怖さ
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。
むち打ちの治療期間はどれくらいかかる?
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。
【体験談】私がむち打ち症で長く通院していた話
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。
完治したと思っても安心はできないかも
むち打ち症(いわゆる頚椎捻挫)の症状、治療期間、後遺障害などについて詳しく解説します。