むち打ち症 追突事故

日頃安全運転を心がけていても、
追突事故などの交通事故に巻き込まれる事があります。

 

 

事故につき物なのは怪我です。
骨折などの怪我ならわかりやすいのですが、
むち打ち症などは、目に見えるものでないので見落とされやすいのです。
そして、むち打ち症は追突事故が原因で陥りやすい病症の一つです。

 

 

相手側の過失(相手側の信号無視、急発進などが原因の時)により
むち打ち症になった時、示談交渉を行うのが一般的ですが、
示談は一度成立してしまうとやり直しがきかないため、
慎重な判断が必要となってきます。

 

 

 

まず、「 ひょっとしてむち打ちかな? 」と思ったときは、
病院へ行ってレントゲン、CTなどの検査を受けましょう。

 

検査の結果異常が見つかり、その異常が追突事故によるものだと証明された場合、
治療費の他に逸失利益というものが支払われます。

 

 

 

たかがむち打ちだからといって甘く見てはいけません。
多くのものは筋肉、靭帯の炎症であり、数ヶ月で自然に治るものですが、
末梢神経(神経根)に障害を残すものもあります。

 

例えば、変形性頚椎症、頚椎神経根症、頚椎椎間板ヘルニアなどです。
これらは、治療に長い時間がかかったり、
場合によっては生活に支障をきたす恐れがあるのです。

 

 

また、検査で特に異常が見つからなかとしても、
数ヶ月間の治療費は保険会社から支払われます。
むち打ちの症状が無くなるまでは必ず通院を続けましょう。

 

 

しかし、
一定数の通院がないと保険会社から病状に異常がないと判断され、
正当な治療費が支払われないことがあります。

 

治療を怠らないよう気をつけましょう。

保険会社が教えてくれない「 あなた 」が損する理由

保険会社が被害者に隠し続けている真実をお伝えします。



保険会社の言うとおりにしていたら、
最低の金額しか受け取れない
って知っていましたか?


交通事故、示談、慰謝料。
人生においてそう何度も経験することではありません。

しかし、「プロが言うんだから…」と言って
保険会社の言いなりになっていたら確実に損をするのはあなたです。


被害者に何も教えない保険の世界が存在し、
保険会社はその情報をひた隠しにしているのです。


>>詳しくはこちら







スポンサードリンク

関連ページ

衝突事故で起こりやすい怪我
追突事故、衝突事故でむち打ち症になってしまった時に読んでください。