むち打ち 衝突事故

私たちの生活の中で、自動車というものは大事な役割を担っています。

 

しかし、自動車を運転するということは、沢山の危険を伴うことでもあります。
日常で当然のように起こっている交通事故。

 

 

自分は安全運転を心がけているからといって関係ないと思っていませんか?
ところが、相手から一方的に引き起こされる事故も多くあり、
車を運転する以上、交通事故というのは切っても切り離せないものといえます。

 

 

例えば、信号無視の車や、センターラインオーバーの車との衝突事故など。
相手側に過失がある事故の場合、
示談交渉をして解決するのが一般的ですが、
交通事故の示談は双方がこじれることがよくあります。

 

その中でも怪我人が出た時は慰謝料のことなどで食い違いが起きやすいようです。

 

 

そして、
衝突事故が原因で起こりやすい怪我の一つにむち打ち症というものがあります。

 

 

むち打ち症とは、正式には外傷性頚部症候群、頚椎捻挫と言いますが、
一般には、むち打ち症、またはむち打ち損傷と言われています。

 

 

 

我々の身体の上にやや不安定な状態で乗っている頭部が、
強い衝撃により、むちを振り回すような動きを強いられることで
様々な症状が出現される疾患です。

 

 

症状の出かたは人により様々ですが、首の痛みやしびれなどが代表的なようです。
首の損傷の中でも、頚椎の骨折や脱臼などに比べると
比較的軽度なものなので軽視されがちですが、
バレリュー症候群や頚椎椎間板ヘルニアなど、
長期間の治療を要することもあるので注意が必要です。

 

 

 

また、衝突事故で負う怪我の中には、
脳挫傷、くも膜下出血など、外見からはわかりにくく、危険なものがあります。
事故に遭遇した際には必ず病院へ行き、精密検査を受けるようにしましょう。

 

保険会社が教えてくれない「 あなた 」が損する理由

保険会社が被害者に隠し続けている真実をお伝えします。



保険会社の言うとおりにしていたら、
最低の金額しか受け取れない
って知っていましたか?


交通事故、示談、慰謝料。
人生においてそう何度も経験することではありません。

しかし、「プロが言うんだから…」と言って
保険会社の言いなりになっていたら確実に損をするのはあなたです。


被害者に何も教えない保険の世界が存在し、
保険会社はその情報をひた隠しにしているのです。


>>詳しくはこちら







スポンサードリンク

関連ページ

追突事故によるむち打ち症と診断されたら
追突事故、衝突事故でむち打ち症になってしまった時に読んでください。