むち打ち 示談成立

後悔しないための示談交渉を成立させるポイント

むち打ち症の示談交渉は、基本的に加害者が直接行わない方がよいとされています。

 

 

それは、専門的な知識を持たない人が示談交渉を行うと、
被害者側がかえって精神的にも時間的にも苦痛を受ける上に、
満足のいく結果を得られないケースが多いためです。

 

 

 

症状が軽いから、さっさと終わらせたいと、
示談について簡単に考えて処理する人も多いですが、
むち打ち症には、やっかいなことに、
後から症状が出て来たり重症になったりする可能性が潜んでいます。

 

 

十分な知識を持たずに示談を成立させた後、
重篤な症状が出てきたとしても、後の祭りです。

 

 

また、一度示談成立した後では、
それ以上の損害賠償を得ることは絶対にできません。

 

 

後悔しないために、
むち打ち症の示談交渉は専門家に任せた方が、
スムーズに満足を得られる結果が出せるはずです。

保険会社が教えてくれない「 あなた 」が損する理由

保険会社が被害者に隠し続けている真実をお伝えします。



保険会社の言うとおりにしていたら、
最低の金額しか受け取れない
って知っていましたか?


交通事故、示談、慰謝料。
人生においてそう何度も経験することではありません。

しかし、「プロが言うんだから…」と言って
保険会社の言いなりになっていたら確実に損をするのはあなたです。


被害者に何も教えない保険の世界が存在し、
保険会社はその情報をひた隠しにしているのです。


>>詳しくはこちら







スポンサードリンク

関連ページ

【示談交渉】事故発生から示談成立までの簡単な流れ
むち打ち症になった後の加害者、保険会社との示談交渉や事例について
納得がいかないことが多い実際の示談事例
むち打ち症になった後の加害者、保険会社との示談交渉や事例について
被害者なのに有利にならない?普通に交渉すると損してしまう可能性大
むち打ち症になった後の加害者、保険会社との示談交渉や事例について