むち打ち 示談交渉

事故発生から示談成立までの簡単な流れ

衝突事故、追突事故、接触事故などの交通事故に巻き込まれた時、
示談交渉(お互いの話し合い)で解決させるのが一般的です。

 

 

事故の示談で双方に食い違いが起きるというのはよく聞きますが、
その中でもむち打ち症などの病院の検査では
異常が見つかりにくい怪我が伴った時、示談はさらに難しくなります。

 

 

それでは交通事故でむち打ち症になった時、どうすればいいのでしょうか。
事故の発生から示談成立までの簡単な流れを覚えておきましょう。

 

 

 

まず警察に通報し、保険会社に事故の事を報告します

警察に通報せずその場で示談交渉をするという選択肢もありますが、治療が長引いた場合、慰謝料を請求することが困難になるので避けた方がいいでしょう。

 

 

病院で怪我の治療をします

 むち打ち症の多くは短期間で治るものであり、軽視されがちですが、変形性頚椎症、頚椎神経根症、頚椎椎間板ヘルニアなどの後遺症を 残すこともあります。痛みやしびれが完全に治るまで通院を続けましょう。
また、事故後しばらくしてから症状が出ることもあるので注意が必要です。

 

 

治療後、保険会社、または当事者と話し合いをし、示談交渉する

 任意保険には示談の代行サービスがありますが、こちら側の過失が0であった場合、こちら側の保険会社が介入することができません。従って、示談の手続きを全て自分でする必要があります。
この時、治療にかかった日数などによって慰謝料を決め、双方が同意した場合示談が成立します。

 

 

 

示談は一度成立してしまうとやり直しがききません。
正確な情報を知り、慎重に進めていくことが大事です。

保険会社が教えてくれない「 あなた 」が損する理由

保険会社が被害者に隠し続けている真実をお伝えします。



保険会社の言うとおりにしていたら、
最低の金額しか受け取れない
って知っていましたか?


交通事故、示談、慰謝料。
人生においてそう何度も経験することではありません。

しかし、「プロが言うんだから…」と言って
保険会社の言いなりになっていたら確実に損をするのはあなたです。


被害者に何も教えない保険の世界が存在し、
保険会社はその情報をひた隠しにしているのです。


>>詳しくはこちら







スポンサードリンク

関連ページ

後悔しないための示談交渉を成立させるポイント
むち打ち症になった後の加害者、保険会社との示談交渉や事例について
納得がいかないことが多い実際の示談事例
むち打ち症になった後の加害者、保険会社との示談交渉や事例について
被害者なのに有利にならない?普通に交渉すると損してしまう可能性大
むち打ち症になった後の加害者、保険会社との示談交渉や事例について