むち打ち 示談事例

示談に納得がいかない事例は多い!?

人身事故の解決は、
加害者側から被害者側への損害賠償の支払いによって終わりとなります。

 

 

話し合いがすぐに解決すればいいのですが、
中には被害者の治療費も支払わない加害者もいます。

 

 

そういった場合は「被害者請求」を行ったり、それだけで解決しなければ、
さらに加害者側に話し合いを求めて損害賠償を請求することになります。

 

それでも解決しなければ、
調停に持ち込む、裁判を起こすという手段もありますが、
殆どの事例が示談で解決しているようです。

 

 

 

しかし、実際には被害者の納得のいかないまま示談が解決する事例が非常に多いのです。

 

 

特にむち打ち症などの怪我が伴う場合、
相手や相手側の保険会社が怪我の事を認めないということもあります。

 

 

また、被害者がまだ通院中にも関わらず、
「治療を始めて三ヶ月たったから治ったはずだ」などと決め付けて
治療の打ち切りを迫る、被害者の治療費を一方的にストップし、
症状固定の認定を迫るといった事例もあるようです。

 

 

 

むち打ち症などの怪我の場合、自覚症状の有無を具体的に示すのが難しいため、
相手側から圧力をかけられると逃げ腰になってしまう方も多いと思います。

 

それでも引き下がってはいけません。
むち打ち症は後になって症状が悪化する、後遺症が残る、といったこともあるのです。

 

 

 

 

示談成立後に怪我が悪化したとしても治療費の請求はできません。

 

一度終わってしまった場合は例え怪我が完治していなくても自費で治療を行うことになります。
怪我の回復、症状の固定をしっかり確認した上で示談を開始することが重要です。

保険会社が教えてくれない「 あなた 」が損する理由

保険会社が被害者に隠し続けている真実をお伝えします。



保険会社の言うとおりにしていたら、
最低の金額しか受け取れない
って知っていましたか?


交通事故、示談、慰謝料。
人生においてそう何度も経験することではありません。

しかし、「プロが言うんだから…」と言って
保険会社の言いなりになっていたら確実に損をするのはあなたです。


被害者に何も教えない保険の世界が存在し、
保険会社はその情報をひた隠しにしているのです。


>>詳しくはこちら







スポンサードリンク

関連ページ

後悔しないための示談交渉を成立させるポイント
むち打ち症になった後の加害者、保険会社との示談交渉や事例について
【示談交渉】事故発生から示談成立までの簡単な流れ
むち打ち症になった後の加害者、保険会社との示談交渉や事例について
被害者なのに有利にならない?普通に交渉すると損してしまう可能性大
むち打ち症になった後の加害者、保険会社との示談交渉や事例について