むち打ち 自賠責

加害者側が自賠責保険を利用する場合

交通事故でむち打ち症となってしまった場合、
加害者側の自賠責によって治療費などが支払われます。

 

 

通常は自賠責に加えて任意保険にも加入していますが、
まずは自賠責が優先されます。

 

 

治療費に加えて通院費に関しても自賠責で賄われるので、
領収書は大切に保管しておくことが大切です。

 

 

加害者側の保険会社から連絡があったら、
通院する病院の名前などを伝えるようにします。

 

 

ちなみに病院については、自分で決めることが出来ます。

 

 

事故のときに運ばれた病院に通わないといけないということはありません。

 

 

加害者の自賠責を利用する場合、
被害者側の自己負担は基本的にはありません。

 

 

 

かかった費用に関しては、
治療が終わった時点で支払われるというのが一般的です。

保険会社が教えてくれない「 あなた 」が損する理由

保険会社が被害者に隠し続けている真実をお伝えします。



保険会社の言うとおりにしていたら、
最低の金額しか受け取れない
って知っていましたか?


交通事故、示談、慰謝料。
人生においてそう何度も経験することではありません。

しかし、「プロが言うんだから…」と言って
保険会社の言いなりになっていたら確実に損をするのはあなたです。


被害者に何も教えない保険の世界が存在し、
保険会社はその情報をひた隠しにしているのです。


>>詳しくはこちら







スポンサードリンク

関連ページ

保険会社とのやり取りで絶対に注意しておきたいこと
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
事故が起きたら第三者行為の届出を行う
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
保険会社による事前認定のメリットとデメリット
むち打ち症になった後の加害者、保険会社との示談交渉や事例について
むち打ち症は損害賠償請求として認められる
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
書類の書き方で支払われる金額が違ってくる!?
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
医師の診断書を書いてもらう時のポイント
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
交通事故証明書を取得してむち打ち症の保険請求をする
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
治療期間中の休業損害申請について
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について