むち打ち 保険会社 やり取り

交通事故でむち打ちになった時に保険会社とのやり取りで注意しておきたいこと

交通事故に遭った時、多くの場合は示談によって和解を図ることになります。

 

自動車保険では保険会社を経由して示談交渉が行われることが多いので、
それに伴ってこちら側は示談書にサインするだけというケースが多くなります。

 

 

 

しかし、こちらに過失が無い場合、相手側の保険会社とのやりとり、
書類作成など全て自分ですることになります。

 

さらに、怪我を伴っていると、示談成立までスムーズにいかないことが多いのです。

 

 

 

特にむち打ち症などの病院の検査で異常が見つかりにい怪我(自覚症状等)は、
保険会社が怪我を認めたがらない事もあります。

 

 

では、交通事故でむち打ち症になった時、どう対処すればいいのでしょうか。

 

相手側の保険会社とのやりとりで注意するべきことを挙げてみましょう。

 

 

 

 

感情的にならず、冷静な態度を心がける

 

相手側から高圧的な態度をとられることもあるようです。
そんな時もひるまず自分の主張を通しましょう。

 

 

 

むち打ち症の有無を問われても弱気にならない

 

レントゲンやCTなどの検査で異常が見つからなかった場合、
自覚症状のみの判断になります。

 

こちらが弱気でいると、相手側から異常なしとみなされることもあります。
また、医者から「大したことはないからもう通う必要はない」と言われることもあります。

 

しかし、軽い痛みやしびれでも長期にわたって続くと辛いものです。
少しでも自覚症状があるならば必ず言い通しましょう。

 

 

 

 

保険会社とのやりとりをする上で、
専門的な知識をもっていないとわからないことも出てくるかと思います。

 

もし示談が難航した場合は、
弁護士事務所や司法書士事務所などに相談するのも手段の一つです。

 

 

 

また、こちらの保険会社から指示を仰ぐのもいいでしょう。
代行はできなくとも、なんらかのアドバイスはもらえることと思います。

 

たかがむち打ち症だからといって泣き寝入りする必要はありません。
後になって後悔しないためにも示談成立まで根気強く話し合いをしましょう。

保険会社が教えてくれない「 あなた 」が損する理由

保険会社が被害者に隠し続けている真実をお伝えします。



保険会社の言うとおりにしていたら、
最低の金額しか受け取れない
って知っていましたか?


交通事故、示談、慰謝料。
人生においてそう何度も経験することではありません。

しかし、「プロが言うんだから…」と言って
保険会社の言いなりになっていたら確実に損をするのはあなたです。


被害者に何も教えない保険の世界が存在し、
保険会社はその情報をひた隠しにしているのです。


>>詳しくはこちら







スポンサードリンク

関連ページ

事故が起きたら第三者行為の届出を行う
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
加害者側が自賠責保険を利用する場合
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
保険会社による事前認定のメリットとデメリット
むち打ち症になった後の加害者、保険会社との示談交渉や事例について
むち打ち症は損害賠償請求として認められる
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
書類の書き方で支払われる金額が違ってくる!?
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
医師の診断書を書いてもらう時のポイント
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
交通事故証明書を取得してむち打ち症の保険請求をする
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
治療期間中の休業損害申請について
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について