むち打ち 第三者行為の届け出

第三者行為の届け出を行う必要があります

むち打ち症の診察や治療を受ける際に、
自分の持っている健康保険証を使う場合は、
「第三者行為の届出」を行う必要があります。

 

 

事故に合った時に慌てずに対処できるよう、
あらかじめ知っておいた方が良いでしょう。

 

万が一、交通事故を起こしたら、
加害者は警察に通報する義務があります。

 

 

そして、事故現場で警察立ち会いの元で、
事故発生状況報告書を作ってもらいます。

 

 

この書類の提出と併せて「第三者行為の届出」を行います。

 

 

もし書類をすぐに提出できない状況で、急いで診察を受けたい場合には、
後日書類の提出を受け付けてくれますので、その旨を必ず連絡しましょう。

 

 

この届け出を済ませておけば、
加害者が支払うべき治療費を健康保険側から後で請求しますので、
あなたが立て替える必要はありません。

保険会社が教えてくれない「 あなた 」が損する理由

保険会社が被害者に隠し続けている真実をお伝えします。



保険会社の言うとおりにしていたら、
最低の金額しか受け取れない
って知っていましたか?


交通事故、示談、慰謝料。
人生においてそう何度も経験することではありません。

しかし、「プロが言うんだから…」と言って
保険会社の言いなりになっていたら確実に損をするのはあなたです。


被害者に何も教えない保険の世界が存在し、
保険会社はその情報をひた隠しにしているのです。


>>詳しくはこちら







スポンサードリンク

関連ページ

保険会社とのやり取りで絶対に注意しておきたいこと
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
加害者側が自賠責保険を利用する場合
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
保険会社による事前認定のメリットとデメリット
むち打ち症になった後の加害者、保険会社との示談交渉や事例について
むち打ち症は損害賠償請求として認められる
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
書類の書き方で支払われる金額が違ってくる!?
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
医師の診断書を書いてもらう時のポイント
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
交通事故証明書を取得してむち打ち症の保険請求をする
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について
治療期間中の休業損害申請について
車の交通事故でむち打ち症になってしまった時の保険会社の対応や手続き、休業損害申請などの必要な書類について