むち打ち 示談交渉

保険・書類等記事一覧

保険会社とのやり取りで不利にならないために注意しておきたいこと

交通事故に遭った時、多くの場合は示談によって和解を図ることになります。自動車保険では保険会社を経由して示談交渉が行われることが多いので、それに伴ってこちら側は示談書にサインするだけというケースが多くなります。しかし、こちらに過失が無い場合、相手側の保険会社とのやりとり、書類作成など全て自分ですること...

≫続きを読む

事故が起きたら第三者行為の届出を行う

むち打ち症の診察や治療を受ける際に、自分の持っている健康保険証を使う場合は、「第三者行為の届出」を行う必要があります。事故に合った時に慌てずに対処できるよう、あらかじめ知っておいた方が良いでしょう。万が一、交通事故を起こしたら、加害者は警察に通報する義務があります。そして、事故現場で警察立ち会いの元...

≫続きを読む

加害者側が自賠責保険を利用する場合

交通事故でむち打ち症となってしまった場合、加害者側の自賠責によって治療費などが支払われます。通常は自賠責に加えて任意保険にも加入していますが、まずは自賠責が優先されます。治療費に加えて通院費に関しても自賠責で賄われるので、領収書は大切に保管しておくことが大切です。加害者側の保険会社から連絡があったら...

≫続きを読む

保険会社による事前認定のメリットとデメリット

むち打ち症になってしまった時には、あとになっても痛みが取れない、違和感があるなどの後遺障害を引き起こしやすいです。今回はむち打ち症になった場合の事前確認について解説します。後遺障害等級認定の方法には、事前認定と被害者請求と2つの方法があります。むち打ち症で病院にかかった場合、相手側の保険会社から、「...

≫続きを読む

むち打ち症は損害賠償請求として認められる

交通事故の中でも、むち打ち症は多くの割合を占めますが、通常の診断では「頚椎捻挫」や「外傷性頚部症候群」となります。むち打ち症は損害賠償請求を認められます。むち打ち症が原因となる場合、めまいや吐き気、頭痛、しびれなどの症状が、後遺症として損害賠償請求が認められる場合もあります。症状は事故の直後すぐ、ま...

≫続きを読む

書類の書き方で支払われる金額が違ってくる!?

あまり知られていませんが、交通事故によるむち打ち症の場合、その書類の書き方ひとつで慰謝料など支払われる金額の算定が違ってくるものなんです。納得がいかないということにならないためにも、書類の書き方には注意が必要です。むち打ち症は外傷ではないため、被害者の症状の訴えがうまく伝わらないということもあります...

≫続きを読む

医師の診断書を書いてもらう時のポイント

交通事故にあって、むち打ち症の症状が出たら、まずは病院に行って診察を受けて医師の診断書を書いてもらうことを忘れないようにしましょう。中には、あまりこういった交通事故に関する怪我などを、あまり取り扱っていない病院や医師もいるので、出来れば慣れたところで診断書を書いてもらうほうが良いでしょう。救急病院な...

≫続きを読む

交通事故証明書を取得してむち打ち症の保険請求をする

むち打ち症の症状があり、保険の請求をする場合には「交通事故証明書」が必要になります。これは交通事故が起こって、警察に届け出た場合に交通事故証明書を取得することが出来ます。ただ、むち打ち症の場合、事故の当日に症状はなく、事故の当日は元気だったため物損事故ということで処理されている場合もあります。しかし...

≫続きを読む

治療期間中の休業損害申請について

事故でむち打ち症になってしまい、仕事を休まなければいけなくなってしまった場合には、休業損害申請を行うことが出来ます。休業損害とは、むち打ち症の治療中に得られたであろう給与、または、利益のことを言います。これは有職者だけでなく、専業主婦やパート社員の人や学生や失業者についても支払われます。ただし学生の...

≫続きを読む