むち打ち 症状

事故が起きた時に知らないと損をする健康保険活用法

むち打ち症の症状で、医療機関の診察や治療を受ける場合、
自分が持っている健康保険証を使って受けた方がよいでしょう。

 

 

これは、事故が起こった状況や過失割合、
加入している保険内容や保険会社によって対応が異なる場合がありますので、
自分で判断をせずに、必ず保険会社に相談してから
病院に行くべきではないでしょうか。

 

 

自分の健康保険証を使う場合は、
第三者によって症状が起こったことを証明する「傷病届」という書類が必要になります。

 

この書類を提出すれば、
あなたはお金を払う必要はなく、後で加害者に請求が行きます。

 

 

 

もしあなたが完全な被害者で、すべての治療費を負担してもらえる場合は、
保険証を使用せずに自由診療となるため、医療費は高くなります。

保険会社が教えてくれない「 あなた 」が損する理由

保険会社が被害者に隠し続けている真実をお伝えします。



保険会社の言うとおりにしていたら、
最低の金額しか受け取れない
って知っていましたか?


交通事故、示談、慰謝料。
人生においてそう何度も経験することではありません。

しかし、「プロが言うんだから…」と言って
保険会社の言いなりになっていたら確実に損をするのはあなたです。


被害者に何も教えない保険の世界が存在し、
保険会社はその情報をひた隠しにしているのです。


>>詳しくはこちら







スポンサードリンク

関連ページ

慰謝料の計算方法と慰謝料が支払われなくなる場合
むち打ち症にかかる費用はぶっちゃけいくら?病院での治療費や慰謝料…お金に関する知識をしっかりとみにつけて絶対に損しないようにしましょう
治療費の負担金はケースバイケース
むち打ち症にかかる費用はぶっちゃけいくら?病院での治療費や慰謝料…お金に関する知識をしっかりとみにつけて絶対に損しないようにしましょう